地域連携人財ネットの設置について



 本学は保健医療学部(看護学科、理学療法学科、作業療法学科、放射線技術科学科、人間科学センター、医科学センター)及び大学院保健医療科学研究科からなる医療系大学です。各領域にわたる質の高い医療専門職の養成、加えて、開学以来創造・蓄積してきた保健・医療・福祉の知識・技術等資源を県域内へ還元することに努めてまいりました。また、リハビリテーション専門の付属病院は茨城県地域リハビリテーション支援センターの指定を受けて、本県地域リハビリテーション支援体制の中心的な役割を担っております。
 このように本学は保健医療に関わる幅広い人材を有しており、地域の課題解決に寄与する研究活動の推進、自治体の政策立案への参画、各種セミナー等の講師や公開講座の開催などを通じて県民のQOLの向上に直接つながる地域貢献に取り組んでおります。
 そこで、この度、地域貢献研究センター内に地域社会からの依頼等に応じる窓口機能を設置することとし、本学が有する知の集積を県民の皆様の財産ととらえ、地域連携人財ネットと名付けました。このサイトを地域社会の保健医療福祉の向上のためにお役立ていただければ幸いと存じます。


茨城県立医療大学長 小山 哲夫