利 用 方 法 に つ い て


1 概要

2 連携協力できる事項

  協力教員紹介のページで主な活動実績や下記の区分毎に連携協力できる取組を○印で表示しています。

   ・自治体の委員会・審議会等委員
 県・市町村の委員会委員(長)、学会等の委員 等
   ・講演、シンポジウムの講師等
 各種講演会やシンポジウムの講師等
   ・地域に貢献する研究・活動
 (例)県民の健康増進、○○予防、リハビリ、障害者スポーツ振興 など
   ・専門職の研修会等
 保健医療福祉に係る専門職の指導、研修会講師 など
   ・共同研究、受託研究
 保健医療福祉に関する研究、医療・福祉機器開発等の協力・支援 など
   ・各種相談(病気に関する相談を除く。)
 研究、研修、教材開発等に係る助言指導 など
   ・その他
 (例)医療通訳養成への協力、児童向けに医療や医療職の面白さや人間の心・体の不思議等を伝える活動


3 連携協力の対象地域

  茨城県内


4 依頼手続き

  所定の依頼書をメール(又はFAX)で人財ネットあてお送りください。
  依頼内容等を確認させていただき、教員と調整のうえ連携協力の可否を決定し、ご連絡いたします。

  〔手続きの主な流れ〕

(ホームページの閲覧)


















(連携協力の実施)

          【依頼書の送付先】

             茨城県立医療大学
               地域貢献研究センター  地域連携人財ネット 宛
                 e-mail : jinzai@ipu.ac.jp
                 FAX:   029-840-2301               


5 その他

  費用については、従事する時間、依頼の内容等を踏まえてご相談ください。
  また、旅費、教材費等は実費が必要となります。