設置要項

(設置の趣旨)
1 小児から高齢者にいたる保健・医療・福祉サービス等を必要とする人々に対して,適切かつ効率的なサービスを提供するためには,地域貢献体制の整備,充実が望まれる。
 本学に,地域貢献研究センター(以下「センター」という。)を置き,地域貢献推進に役立つシステムや技術,テクノエイド等の開発・普及を図るとともに,茨城県が行う「地域リハビリテーション支援体制」の支援を行う。

(担当する業務)
2 センターは次の業務を行う。
(1)地域貢献に関する調査研究及び開発・普及
(2)医療機関及び関係機関との連携
(3)茨城県地域リハビリテーション支援センター業務の支援
(4)公開講座に関する事項
(5)専門職継続教育課程の運営
(6)その他,地域貢献の推進に必要な事項

(センター長)
3 センターにセンター長を置き,センター長は学長が指名する。

(事務)
4 第2各号の業務に関し必要な事務はセンターにおいて処理する。

  付 則
 この要項は平成15年6月18日から施行する。
  付 則
 この要項は平成18年10月18日から施行する。
  付 則
 この要項は平成20年4月1日から施行する。

運営委員会設置要項

(趣旨)
第1条 この要項は,茨城県立医療大学が自治体等と連携し,地域の発展に貢献することを目的として茨城県立医療大学地域貢献研究センター(以下「センター」という)に設置する地域貢献研究センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)に関し,必要な事項を定めるものとする。

(組織)
第2条 運営委員会は,次に掲げる者をもって構成する。
(1)地域貢献研究センター長
(2)各学科,各センターから推薦された専任教員それぞれ1名及び付属病院から推薦された者1名
(3)その他学長が指名する者

(審議事項)
第3条 運営委員会は,次の各号に掲げる事項を審議する。
(1)地域貢献研究に関すること
(2)地域社会との連携に関すること
(3)公開講座に関すること
(4)専門職継続教育課程に関すること
(5)その他地域貢献に関すること

(委員長)
第4条 運営委員会に委員長を置き,地域貢献センター長をもって充てる。

(専門職継続教育課程)
第5条 第3条第4号に定める専門職継続教育課程は次の表の通りとする。

(認定看護師教育課程)
第6条 認定看護師教育課程には教育課程長を置き,教育課程長は看護学科長とする。
2 認定看護師教育課程に関し,教育内容及び受講生選考等を審議するため,教員会及び入試委員会を置く。
3 前項に定める教員会及び入試委員会の委員に外部の者を委嘱することができる。
4 教員会及び入試委員会の運営に関し必要な事項は別に定める。

(会議)
第7条 委員長は,運営委員会を招集し,その議長になる。
2 委員長に事故ある時は,あらかじめ委員長の指名する構成員がその職務を代理する。
3 運営委員会は,構成員の半数以上の者が出席しなければ開くことができない。
4 運営委員会において議決を要する事項は出席構成員の過半数によって決し,可否同数のときは議長の決するところによる。

(構成員以外の者の出席)
第8条 委員長が必要と認めるときは,構成員以外の者を出席させて説明を求め,又は意見を述べさせることができる。

(庶務)
第9条 運営委員会に関する庶務は,事務局総務課において処理する。

(委任)
第10条 この要項に定めるもののほか,運営委員会の運営に関し必要な事項は,運営委員会の議を経て委員長が別に定める。

  付 則
1 この要項は平成17年4月11日から施行する。
  付 則
1 この要項は平成18年10月18日から施行する。
  付 則
1 この要項は平成20年4月1日から施行する。

運営委員(令和元年度)

委員長
岩井 浩一 (地域貢献研究センター長,人間科学センター・教授)
委員
山口  忍 (看護学科・教授,大学院研究科)
青山 敏之 (理学療法学科・助教)
伊藤 文香 (作業療法学科・講師)
佐藤  斉 (放射線技術科学科・教授)
相良 順一 (人間科学センター・准教授)
石井 大典 (医科学センター・助教)
中島光太郎 (付属病院,放射線技術科学科・教授)
増田 道也 (事務局総務課・副参事兼総務課長)
事務局
増田 広道 (事務局総務課)